スピードプレゼンが受注アップの鍵

通常提案には先方の都合もありますが、プランの打合せから次の提案迄3〜7日間が

通常となっているようです。

それはどうしてでしょうか?

プランをCADに入力して図面化 平面図・立面図・パース 他に業務があるから

合間をぬって作成するから・・・2〜3日 見積はもう少し本気かを見てからだね・・・

これでは見込客も逃げてしまいます。

打合せした次の日に、プランが提案ボードになってきたら、びっくりするでしょexclamation×2

次の日に打合せできなくてもこれが要望ノートに早代わり(要望ノートは別で説明します)

次打合せ迄にもう少しリビングを広げたい・洗面はシャンプーのできるタイプなんて

書き込んで頂いていればかなり受注に近づきますね。

たたみかける、これはしつこい営業とは違います。要望さえききだせれば次々と提案が

できるのです。

そんなすぐ持っていったて、まだ建てるかわからないのに、なんて言い訳を言っていて

見込客を逃しているのは間違いないでしょう。

打合せした次の日にプレゼンができる方法は

自分が全てできればよいのですが、たぶん無理で妥協しているところが多くなります。

ウォークインホームプラザのサンネット社では、プランを頂ければ翌日には提案資料を

作成しますので、「スピーディー」・「正確」で正しい提案資料を作成致します。

無駄な時間を使う必要はなしです。完成版の外壁を変更したり、 仕様の変更は

まったくパソコンスキルが必要なしです。

PB・要望ノートを見ながらPC画面※で説明します。

※プロジェクターや大型液晶テレビ・PCモニターにつなげて見せれば効果倍増です。

 画面1.jpg画面2.jpg 入力2.jpg

外観パースで外壁のサイディングを変更してお好みの柄・色を確認したり

玄関建具 N26親子.jpg トステムのこの玄関戸はいいなとかサッシの色はシャイングレー・ホワイト

内観パースでフローリングの色はこげ茶・白っぽい 造作(幅木・廻縁)

室内ドアもコーディネート

鳥瞰・俯瞰図で全体コーディネート

イメージを3D設計図で提案して仕様決定すれば契約迄スピーディーに

打合せも1回では中々済まないですし、契約までの”つめ”です。

図面とカタログだけでは・・・・決まらない・・・・でもイメージが3D設計図で提案できれば

納得して決定できます。

スピードプレゼンテーションが受注アップの鍵になる事は理解できたでしょうか?

だからスピーディーに対応して受注アップができるのです。

まずは、ご相談下さい。受注アップのお手伝いさせて頂きます。

提案するプランを送って下さい。

 

 

 

現状の工務店様の住宅プレゼンテーションの現状

現状の工務店を分析調査をしてみました。

当社のお問合せのある工務店は、

CADはもっているが、時間がプレゼンなくてできない。プレゼン用ソフトを追加すれば

せきるんだけど?お客様によってプレゼンしている。等

完成見学会・構造見学会等で集客して、プラン迄を希望されるかたどれくらいいるでしょう?

来場してからプラン打合せして、次プレゼン時間がかなりかかっています。

平面図と立面図・パース1カットでリアル性がまったくない。何処でもできる提案。

これが、通常ので受注を増やすことはできないと思います。

当社ユーザーでは、スピードを重視している工務店が受注を伸ばしています。

工務店のための住宅プレゼン力がつけば、無駄な時間は必ず省く事ができます。

それは、経営者様や営業様は絶対に受注をとると思って行動しているでしょうが、

受注が取れなかった時間程無駄な時間です。

できない理由には、パソコンのスキルの問題も大きいです。メールやインターネット CAD

や見積をやっているのでパソコンができると思っているか方が多いのも現実です。

導入をして頂いて内情をみますと「びっくり」ディスクトップには色々なファイルが沢山

起動しても重たい・ウィルスソフトも無い怖いです。誰も教えてくれないですから。

これでは良いプレゼンは困難です。

そのような方でも、プランをFAXすれば次の日には住宅プレゼンが出きるのが、

ウォークインホームプラザのサンネット社です。

こちらをご覧下さい。ラフプランFAXからプレゼンボード迄の流れ